プラシーボ効果は奥が深い

プラシーボ効果についての10のクレイジーな事実を読んで、プラシーボ効果はただの思いこみ効果ではないのかもと思い始めてきた




上の記事によるとプラシーボ効果は人間だけでなく動物にも作用し、事前に「これは偽薬ですよ」と申告していても効果があるらしい
動物が薬という概念を理解しているとは思えないし、偽薬だと分かっているなら思い込みで治るという道理はない
本当に不思議



プラシーボ効果の実験は本物の薬を飲ませたAグループと偽物の薬を飲ませたBグループの2グループを用意して検証したらしいが、俺が思うに「本物の薬も偽薬も飲ませなかったCグループ」ってのが欲しかったなあ…と思う実験だったり
カウンターバランスは大事よ、カウンターバランスは




俺は催眠を研究してたこともあって人間の思いこみによる作用の強さというものは目を見張るものがあると思ってる
俺の友達に「これはオレンジジュースだよ」と暗示をかけて、水を飲ませたら本当にオレンジジュースだと思ってたこともあったな

さすがに木の棒を「これは真っ赤になるまで熱した鉄の棒だよ」とか言って押しつけるようなことはしなかったがw
本当に水ぶくれができるのか?という知的好奇心はあるにはあったがw




自己催眠も極めれば麻酔なしで手術しても無痛らしい
俺は他者催眠で無痛分娩をやろうと思えばやれると思う、したことがないから断言はしないけど






まあ、何が言いたかったかというと「思いこみの力はすごい!」ってのと「ただの水を飲む前に『これはタルパを視覚化する魔法の薬だ!』と思いながら飲んだら視覚化に貢献するんじゃね?」の2点でござる
ちゃんちゃん♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク