課金で強くなるのは実力なんかね

最近仕事が基本的に1時間延長することが多くなった
めっちゃ忙しい
個人的には暇な方がいいんだが…


てか正直繁忙期ってよりも、単に人手不足な気がするんだが
偽装請負だから新人教育ってものがないし、正常な人はすぐに辞めるし

ここに残っているのは何等かの問題があって、他で働けない人ばかり
能力が著しく低いか、人格に問題があるか、無戸籍だとか特殊な事情で通常の仕事が出来ないか…
俺みたいに夢追い人は多分いない


まあ俺もそろそろ辞めようとは思っているんだけどね
副業を始めて月に10万円稼げるようになったら今すぐにでも

ここにいたら人間駄目になる
リアル地下帝国のカイジ状態になる

カイジと違うのはご飯が出ないことくらい
お金はもらえるが、まあペリカとほとんど変わりないだろ
…もしかして今の俺は地下帝国のカイジ以下か?
チンチロリンをしなくちゃ(使命感)


ノーカン!
ノーカン!

超えられない壁

雀鬼桜井章一氏著「勝ち負けを超えた誇り」にて、またもや牌譜を追っていた

南1局西家、佐々木さんの手
持ち点は24400点

ドラ西裏ドラ東
三萬四萬五萬六萬七萬八萬一筒一筒七筒九筒六索七索八索ロン八筒


リーチのみ1300点
この和了りに違和感があった
そこで俺が打った場合の手順を追ってみたのだった

右端のススメ

新人無名VTuber「雀魂をやっていきましょう!」

俺「頑張ってください(心の声)」

新人無名VTuber「理牌ボタン解除!」

俺「…お?」

新人無名VTuber「不要牌みぎはじー」

俺「この人、リアル麻雀をやり込んでるな…」


前も書いたけど、不要牌を右端に寄せる人は結構麻雀をやり込んでる人
だから俺はこの人の麻雀配信をちょくちょく眺めるようになった

打ち方は現代麻雀のものだった
多少ミスもあったけど、それは初めての配信で緊張してたとか、そんな感じだろう

失敗を恐れること

ネット麻雀とリアル麻雀を比較する記事を何回か書いた
そのたびにそれらの違いを書いた

鳴きや待ちを教えるシステムがない
ネットではリーチボタンが出て、自動で聴牌を教えてくれる
ネット麻雀はラグでしか手牌が推測できないが、リアルでは手や体の動作、目の動きや打牌の音でも推測できる
誰にでも理解できる大きな違いはそれくらいか


これらの機能はリアル麻雀と違って初心者に優しい機能だ
だがリアルでは当然誰も教えてくれない
自分で気づくしかない

だから「ネット麻雀が強いからといって、リアルでも強いとは限らない」と何度か書いた
それに付随する話

七対子と対々和

麻雀をしていて初心者を脱しようとしている時期になると、いろんな問題に直面する
例えば「七対子と対々和、どんな時にどっちを狙えばいいの?」問題

これについて、ちょっと書こうと思う
まあ俺の戯言だから、強くなりたい人はYouTubeの解説動画でも観ればいいんじゃないかな(投げやり)
プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク