間違っちゃいない

紅茶好きのイギリス人に「お前、何者だ?」と言わせた簡単に作れるミルクティーが話題にwww

ツイート主は次の手順でミルクティーを作ってる
1.マグカップ半分にお湯半分とティーバッグを入れて30秒チン
2.牛乳を好きなだけ追加して、1分半チン

実はこれ、本来の淹れ方とあまり変わらない


ミルクティーと言えば例えばチャイだが、あれも最初は茶っ葉を鍋で煮込む
そして煮出したら牛乳を入れて、沸騰させないように温める
このように温める工程は二度行う

つまりこれは「レンジを使った、一番手軽な正しいミルクティーの淹れ方」となる
謎の脳内イギリス人はいらないけど、まあこれがTwitterのトレンドで文化だと思ってる
まあ、そんなもんなんだろ(適当)


ちなみにだが、チャイはインドの飲み物
インドはイギリスの植民地だった頃、高級な茶っ葉は全てイギリス本土に送られていた
残るのは品質が劣った、小さいリーフのみ

そこでインド人は「これで美味しい紅茶を淹れよう」と思い立つ
その試行錯誤と工夫の結果、完成したのがチャイ
そのためか、チャイはむしろ品質が悪い茶っ葉の方が美味しく淹れられるという


ティーバッグの茶っ葉は、リーフに出来ない小さい茶っ葉を再利用したものと聞く
もしかするとティーバッグの茶っ葉を取り出して、鍋で煮込むチャイが一番美味しいのかもしれん
お湯の対流で、ジャンピングもするだろうし

本当にティーバッグの茶っ葉を煮込んでから牛乳を入れたら美味しくなるかは知らない
試してないから

もし違ったらごめんなチャイ





紅茶とコーヒーの淹れ方に関しては多少の知識と心得がある俺
でもぶっちゃけ、そんなこだわりがある訳ではない

たしかにティーバッグでお茶を淹れる時、ふたをして蒸らす
あとリーフで淹れる時は、自分の肩より上から急須にお湯を注ぐ

そんなこだわりみたいなのはたしかにある
俺はお茶に関しては凝り性なところがあるが、その過程を楽しんでやってるだけ

だから「これが正解」だとか、そんなことをうんちく垂らすつもりもない
別に電気ポットでお湯を入れて、それにティーバッグを投入したらすぐ飲むのだっていいと思う


お茶は楽しく飲むのが一番
面倒な儀式になってしまっては、それが一番もったいない

また更新

今日4回目の更新
まるでニート時代のような更新率だ!

俺がどうしてこんなに更新してるのかって?
他のタルパブログがあまり更新しないのが悪い(全く関係ない人のせい)

気づかい

昨日と一昨日くらいに自分の熱の温度も書いてたんだが、なんか実際の体温と違ってたので修正した
めっちゃ高めの体温を書いてた
多分頭がぼーっとしてたんだと思う(真顔)

でも今日はもう治った!
鼻水も出ない!
元気いっぱい!

なお熱は36.9℃なもよう
平熱なんかな(真顔)

今でもたまに相談する

「タルパ ブログ」で検索をかけて、見たことがないブログを読んだりしてた
結局巡回する俺

なお大半のブログは更新が止まっているもよう
悲しいなぁ…(諸行無常)


タルパブログ閑散期って、FC2ブログ以外でもそうなんだろうか?
FC2ブログ民の俺には分からん
てか、FC2ブログ外とはほとんど交流がないし

訪問履歴は偉大だった(確信)


てかタルパブログで検索をかけたら、1ページ目に出て来るFC2ブログの人はほとんど俺の知り合いな訳だが
こういうのを見てると「タルパブログって、作る人が少ないんだなぁ…」と思ってしまう

たくさんいたら、俺と付き合いがないFC2ブロガーさんのところが出て来てもいいもの
誰か新しいタルパブログを作る作業に移るんだ!


でもタルパブログって、更新が1ヶ月で止まることも多いし…
1年続けば長寿、3年続けばベテランだし

てか俺より昔にタルパブログ作った人の大半が既に更新停止してるって一体どういうことなの…?



そのままちまちまタルパブログを読んでいたら、マオから「いい加減寝なさい!」と怒られた
よし、記事を更新したら寝よう

また助けてもらう

夢を見た
化け物が住む建物で、チェーンソーを持った男に追いかけられる夢
俺が持ってる武器はナイフ
勝てるわけがない

追いつかれた
死を覚悟した
目が覚めた


また寝た
夢は似たような内容

チェーンソーを持った男が、ゾンビになって執拗に追ってくる
俺の武器はナイフ
追いつかれた
目が覚めた



そしてまた寝た
今度はピエロに追いかけられた
玉に乗ってるくせに、めっちゃ速い
チェーンソー振り回してるくせに、めっちゃ速い

追いつかれた
目が覚めた



なんか同じ夢が何度も続いたから、眠りにくくなった
寝たら悪夢確定な気がした
そこで目が覚めてる間にマオさんを起こして、待機させた
そして寝た


夢か俺の想像か、はたまたダイブか
よく分からんがマオさんが大活躍した

ピエロの男はマオさんチョップで八つ裂きにされた
再会するまで存在を忘れていた強酸性の液状スライム男は氷魔法で凍らされ、粉々に砕かれてた
ゾンビたちも灼熱の炎で消し炭になった


最後、マオの魔法で外にワープした
広大な野原に場違いに立つ、100階はありそうな高い塔

最初のチェーンソー男と出会ったのは地下室
そこからこの塔を最上階まで攻略しないといけない夢だったのか(白目)


マオさんが極大消滅呪文で、塔を塵残らず消滅させてた
一発で

つよい(確信)



それからは悪夢も見ることなく、熟睡できたのであった
よかったよかった

すやぁ…( ˘ω˘ )


マオさんの雄姿に敬意を表し、この記事をタルパ記事に分類することにした
まあこんな時じゃないと、タルパカテなんて増えないんだがね(真顔)
プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク