どうでもいいんだけど

寝る前にもう一更新
マオに耳栓を強く勧められた

まるで大学生

俺「今日の飯は…やっぱ自炊は難しいか。最寄り駅に到着したのが7時前だから、家に着くのが7時過ぎになる」

マオ「そうね…。今日も外食かしら…」

俺「いや、スーパーの弁当の方が安上がりかもしれない。時間帯的に、値下げされてそうだし、そっちにしよう」

マオ「お可哀想なマスター。。。」

俺「そのセリフ、今日で3回目くらいだぞ」



1回目…早起きして眠い
2回目…満員電車で通勤


昔のマオは満員電車時はダイブ界に一時的に避難したり、水晶の中に入ってた
でも別れたくないらしく、今では窮屈ななか、俺と密着してる
密着てか、俺と重なってる
タルパだから出来ることである



コロナがいない頃はリスくらいの大きさの動物になって、俺の肩に止まっていたものだ
マオは姿を好きなように変えられる能力があるから

でもコロナはできないので、そうやってやり過ごすことが出来なくなってしまったのだった
プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク