ネト麻は苦手

オーラス
29300点持ちのトップ
西家

ドラ九萬

二萬一筒二筒八筒九筒東東西北白發中ツモ五索

これでどうやって戦えばいいんだ!

とりあえず役牌のひっつきを見つつコクシに行く
そして途中オタ風の東を二鳴き
それからはピンズのホンイツとチャンタの両天秤


最終的にはチャンタ北単騎で聴牌
上家と下家がリーチをかけたが全ツッパ
最終的には対面がノーテンのまま流局し、ノーテン罰符で1位になった


ちなみに今日は天鳳で打った
雀魂がサーバー攻撃を受けたとかで、緊急メンテだったから

雀魂でも天鳳でも、こんな配牌になるんですね…(遠い目)


てか天鳳だったらラス回避麻雀だから、鳴かずにこの配牌で全降りが正解なんだろう
やっぱ天鳳はつまらないネット麻雀だ



どうでもいい豆知識
九種九牌はヤオチュー牌が9種類ないと成立しない
だから「『九種九牌』の最初の九種は分かるけど、じゃあ後ろの『九牌』って何?この言葉いらないし、紛らわしくね?」と思う人がいるかもしれない

だが「九種九牌」の由来にその答えがあるのだ


「九種九牌」の正式名称はもともと「九種幺九倒牌(きゅうしゅヤオチューとうはい)」だった
幺九ってのは1と9を表してて、それが九種類の時に倒牌するって意味だったのだ

それを省略して「九種九牌」
後ろの「九牌」は「幺『九』倒『牌』」の略なのだ

そんな役に立たない豆知識




ちなみに俺は九種九牌で流すことは絶対にない
国士無双とチャンタが狙えるのも一つの理由
だけど七対子に育てばホンローチートイ、色が偏れば字牌を活かしてホンイツに行くことも出来る

受け入れが少なくて重くはあるが、育った時の爆発力がすごい
そして育たなかった時の守備力も抜群
だいたいそんな理由

今日も似た感じ

東1局南家配牌
ドラ六萬
九萬六筒八筒一索一索五索東南西西北白發ツモ一筒

これでどうやって戦えばいいんだ?!
まあ国士無双やろ(名推理)



2巡目
下家「リーチにゃ!」

私は死んだ
スイーツ(笑)


…コクシ和了れたのかって?
和了れる訳ないじゃないですか!(憤怒)


ちな下家の待ちは147萬發の4面張

誰かがクソ配牌だったら誰かが神配牌
はっきりわかんだね



まあでも今日は2回トップが取れたから良しとしよう
なお戦績1位2回・2位1回・4位1回

し…収支はプラスだから(震え声)
上のクソ配牌から始まった半荘も、トップだったし

俺一人1万点台の状態から發ドラ3赤2とかいう、頭悪そうな跳満をツモ和了りしたおかげで
それで全員トントンになって、最終的に俺が3900和了りで3万点を若干上回って勝った


役満ツモより、ドベから点棒を平らにしてトップになる方が嬉しい
そう思うのだ



まあその跳満和了りまでは悲惨だったけどね

俺がドラ筋待ちリーチをした後に上家が追いかけリーチした時とか
「俺が振り込むかお前がツモ和了るか、勝負だ!」と一人で宣言してたし
こんなつかんぽ状態な俺に勝ち筋などないのだ…(白目)

そしてそのリーチ合戦は案の定上家がツモ和了った
ですよねー
プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク