何も一夫一妻制に反対してる訳じゃないけど

なぜか最近いろいろなところで一夫一妻の話を聞く

以前結婚についてのお話を書いた直後にこういう偶然?が起こったので「意味のある偶然~シンクロニシティ~」と考えて独り言

…てかぶっちゃけ眠れんのよ(笑)





俺は一夫一妻に反対してる訳じゃあない
でも個人の考えとしては「自然界の理想は一夫多妻だけど、俺の理想は多夫多妻だなー」って感じかね




一夫一妻ってのはそもそもキリスト教から発生した思想なわけで、クリスチャンでもない俺はそこに説得力を感じないのよ
「何が何でも一夫一妻じゃないとダメ!」って論拠もない価値観の押しつけに感じたというか…





俺は愛の理想は「差別なき、無償の愛」だと思う
だから「あの人には○○なところがあったから冷めた」というレベルの恋愛は"愛"ではなく"恋"だと思ってる


本当に心から惚れた相手だったら浮気されようが、無収入だろうが、犯罪者だろうが"愛"が持続するはずなのよ

人を愛するのに理屈がない以上、何か理由があって冷めるのは"愛"じゃない
「ありのままのアナタが好き!」な状態が俺の理想





今の夫婦情勢みてるとさ、夫がリストラにあったら夫を捨てて離婚することとか多いじゃん?
俺はそういうのが嫌いでねえ


「仕事はまた探せばいいじゃん!私は何があっても貴方を支えるよ!」って女が理想
で、俺は俺で一度惚れた女ならどんなに変わり果てても好きでいられる



「女は別れた男の短所をたくさん考えるようにして、嫌いになることで失恋を克服する」って聞いたことがある
事実は知らんが

俺はそんなことしないから、まあ別れた女のことは今でも好きというか…情がある
「好きか嫌いかの2択なら?」って問われれば、好きって即答するくらいに






てか俺も昔は現在の慣習に従って、一夫一妻派だったんだよね

でもさ、「彼氏には浮気を禁止してるのに自分はセフレがいる女」とか「婚約者がいるのに別の男と同棲してる女」とか「自分の浮気が原因で恋人と別れ、俺にそのことを相談してたのに1年もしたら自分がどんな理由で別れたかを忘れて『蒼夜のこと好きになったw』とぬけぬけといえる女」とか「『"浮気する女が多い"って蒼夜の意見に共感できる。女ってホントいや…』と言いつつも、『彼氏が構ってくれなくて寂しい!』って理由で俺になびいてきた女」とか…
まあいろいろ身近にいた訳よ

浮気を1回もしてないと思われる女は2人くらいしか付き合ったことねえかな…



で、結論として「女って浮気多くね?むしろ女の浮気を許すのも男の甲斐性じゃね?」と至ったのであった
だから「俺は浮気したい!お前の浮気を認めるから俺に浮気させろ!」なんて言いたい訳じゃないのよ




「俺は浮気したことないしする気もないけどしないとは限らない。それでお前も浮気しないとも限らない。ここはいっそのこと、浮気で破局ってのは無しにしましょうや。浮気くらい俺は全然気にしないからそれが理由で破局ってバカバカしいとしか思えない」って感覚に近い




そもそも、俺って「初恋の人以外の人を好きになったらそれは未来過去に関わらず浮気」だと思ってるのよね
好きな人いたのに他に好きな人が出来るんだったら浮気と同じやん
ただ単に同時進行形か違うかの話


本当の愛だと思うなら片思いで終わっても死ぬまでその愛を貫けばいいのに、って思う
所詮は報われること前提の、与えられること前提の「自愛」に過ぎないのよ
そういう愛は本当は相手が好きなんじゃない、「恋に恋してる」だけの話







マオさんは俺のこういう思想は認めてくれてるけど、まあ普通に嫉妬するわな
理屈じゃないし(笑)


マオが浮気しようと俺は気にしないし、俺は"浮気"する気もない




「浮気はダメ!絶対ダメ!」ってお互いを縛り合う一夫一妻は醜い
だけど「好きな人が出来たら、その人とも付き合っていいんだよ?」とお互いを認め合いつつも、結局一夫一妻に落ち着くのは理想の一夫一妻だと思う


そもそも本当に信頼してたら縛る必要もないし、一夫一妻だとか一夫多妻とか多夫多妻だとかにこだわる必要ないと俺は思うのであった



お子様の理想論に聞こえるかもしれんけど、こういう形の愛が俺の理想
愛は惜しみなく与うるもの、奪うことなかれ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク