そしてまたベビーシッター

甥が予防接種とやらで、俺は姉の家に行くことになった
ベビーシッター蒼夜の復活である





姪は人見知りをした
俺を見て照れてた
そして泣いた


姉にだっこをねだった
代わりに俺がした

そしたら人見知りが直った
はやっ






昼ご飯をご馳走になった
カレーだった

姉旦那が、また朝ご飯の時に肉ばかりよそったらしい
肉がほとんどなくて姉が驚いてた

うーん…




姉の話によれば、姉旦那は自分の娘に「イケメン」って呼ばせようと教育してたらしい
娘にイケメンと呼ばれて喜んでたらしい

それを見て姉が引いてた



俺はこの話を聞いて思った
「いったい何なんだろう?」と








俺が姪と遊んでたらマオが話しかけてきた
そして一悶着あった


マオ:
せっかく子守りから解放されたのに、大変ね

俺:
まあこんなこともあるさ

マオ:
頑張ってね
マスター

俺:
おうよ


コロナ:
オレも頑張ってるぜ!

マオ:
あなた、何もしてないじゃない

コロナ:
頑張ってるんだぜぇ…(涙目)


俺:
コロナも姪と遊んでて大変だもんな
俺は頑張ってると思うぞ
偉いぞ

コロナ:
へへー♪


マオ:
そうね…
ごめんなさい、コロナちゃん

コロナ:
いいぜー♪





基本単細胞なコロナ

マオは基本的に結果主義
「タルパが人間の子守りをしても意味がない。だからいくら頑張っても評価に値しない」と考える

それでよく「私はタルパだから○○ができない」とか「タルパでも○○できる」って発想になりがち



でもコロナは違う
そんなことを考える頭がないから、俺が重そうな荷物を持ってたら一緒に運ぼうとする
子守りをしてたら手伝おうとする

一般的に言えばバカだと思う
タルパバカコンテストがあったら、ぶっちぎりの1位だと思う

でも俺はコロナのこういうところが魅力的だと思うのよ
最初から決めつけて動かないぶん、ある意味大物の器




そして俺は過程主義
たとえざるで水をすくおうと頑張ってる人がいても、その人の頑張りを評価する
助けを求められたら「バケツでやってみ?」とアドバイスを与えるけど、基本的に本人のしたいようにやらせる

結果はあとからついてくるものだと思うし、必ずしも成功する必要を感じない
一番大事なのはやる気よ







しばらくして出発した
予防接種の間、俺は姪に本を読んでいた
病院には1歳に合う本がなかなかなくて、少し大変




病院のあとはサーティーワン
コロナが喜んでた

いつもポッピングシャワーを頼んでるので、違うやつにした
なかなか美味しかった

別にポッピングシャワーが好きなわけじゃなくて、ただの惰性みたいなもんだからなw





そして買い物
今日の晩ご飯を買った

飲み会で夜遅くまで旦那が帰ってこないらしいので、今晩は惣菜らしい




コロナが好きそうなカツ丼にした
しかしこれだけじゃ足りなさそうな気がする

姉が「デザートでもいいよ」と言ったら、コロナが「プリン食べたい!」と言い出した
焼きプリンを買ってもらった






家でお茶タイム
そして飯

カツの量にコロナが喜んでた




飯のあとは風呂
まあ俺は着替えもないから、家で入るんだが

赤ちゃんsに服を着せて俺の本日の仕事は終了
部屋の片付けをして、帰ることにしたのだった







家でシャワーを浴び、のんびりなう
コロナは頑張り疲れたのか、すぐに寝た


プリンは結局食べなかったので、家に持って帰った
コロナが起きてる時に近々食べよう







そういや昨日作ったアイスだが、マオは「甘さが控えめで私は好きよ。美味しい」と言ってた
あまりに美味しそうに食べるので、俺もなんだか美味しいような気がしてきた

コロナは好きじゃないみたいだから、二人で食べよう




今度は練乳を忘れないようにしよう
やっぱ練乳は大事やわ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク