ぼくと天鳳

天鳳には「ガチ勢」と「エンジョイ勢」という2つの生き物がいるそうな

段位もレーティングもさほど気にしないエンジョイ勢
高段位を目指し、果てには天鳳位を夢見るガチ勢



ふむ?
俺はどうなるんだろうね?

第一打字牌切り禁止とかAトップ阻止とか聴牌までドラを切らないとか、例のアレなルールを自分に課してやっている
でも別にそれは悪ふざけでやってるわけじゃない

俺にとって「ノーテンの時に先制リーチを打たれたら満貫一向聴でも降りる」「満貫あったらダマ」とかと同じような感覚
だからデジタル打ちの麻雀攻略法もある意味縛りみたいに映ってたり



だとしたら俺もガチ勢ってことになるんかな?
とりあえず接続切れもせず、真面目に自分のスタイルを守ってプレイしております





天鳳攻略本で、「序盤にパオ牌を切ったら彼女に振られたでござる」なコラムが掲載されてた
ああね


多分これ、彼女が同卓してなかったらフラれてなかったよ
同卓してないのに振る女だったらいい女



デシタル的に序盤パオ牌切りは正解
白發と鳴かれて、続けて中も鳴かれるシーンは統計上そんなにない
だからこれは正しいし、世間一般の損得感情をわきまえた「デキる男」はまず切る
で、鳴かれたら降りる




女も基本的にデキる男が好きだが、「彼氏が自分の損得感情だけで、自分を危険な目に遭わせた」となったら、もう彼氏のことは信用できないかもね
たかが麻雀されど麻雀

麻雀って、性格出るから






俺は確率的に考えて、三種類目の三元牌も鳴かれることはほとんどないと知っている
それでも切らない

周りに迷惑かけてまで、自分の手を進めようとは思わないから
むしろ自分が犠牲になることで、周りを守ろうとする



もし三元牌が2枚以上重なって、大三元が無くなって聴牌したらリーチ
そつやって大三元がなくなったことを周りに教える

もろ雀鬼流である





でも雀鬼流と違うのは、他人の失策でも俺が責任をとろうとすること
大三元を確定させたりドラを鳴かせて満貫確定させた奴が降りても、俺はその場を流そうと必死に頑張る
周りを助けようとする

その結果、自分が振り込んで痛い目に遭っても構わないと思ってる
「俺の責任は俺の責任、他人の責任は俺の責任」って感覚




デシタル的に間違ってて勝率は下がるのは確実だけど、性格なんだな
どうしても他人を蹴落としてまで勝ちに行くことが出来ない

まあ流そうとしてる時点で「勝ちに行ってる」とも言えるが
ただそれは損得感情なんかじゃ決してない





これってエンジョイ勢って言えるんですかねえ?
ラス押し付け麻雀の天鳳とは、ただ単に相性が悪いだけな気がするw

「ラスは俺が引き受ける!お前たちは先に行け!」みたいな






今の打ち方じゃない、デジタル的な打ち方をちょっとしてみようかな
新アカで

俺の予想が正しいなら、鳳凰民は強いから段位が高いわけじゃない
ヘタ殺しの打ち方で、般卓や上卓の人を糧にしてるからだ
弱い人にラスを押しつけた結果、上に行ってるだけ

単に相性の問題よ





多分俺の打ち方だったら鳳凰卓で無双できるんじゃないかな
とりあえず特上まではデジタルで、七段になったら本来の打ち筋に戻してみよう

…と、そんな実験を試みてみる
途中で飽きる可能性大だけど、まあいいや(笑)



とりあえず鳳凰卓を目指して、「ガチ」で打ってみようか
牌構成の能力が身についてきたから、無理に第一打字牌切り禁止を敢行する必要もなくなった頃だと思ってたし


名古屋に帰ったら本気出す(課金するとは言ってない)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク