見せてあげよう。ダッチオーブンの雷を!

せっかくダッチオーブンが来たのだ
オーブンとして使ってみたい!
そんなわけで、ダッチオーブンでスコーンを作った

そもそも俺がダッチオーブンを買った理由はオーブンの代わりにするためだし





オーブンレンジは火力が弱くて、結構な電気代がかかる
ガスオーブンは設置場所がないうえに、高いし設置にも手間がかかる
オーブン(本物)なんて、置けるはずもない

そんなわけで、白羽の矢が立ったダッチオーブン
しかもこれは鉄鍋だから、気軽に外にも持ち運べる

本当は炭をフタの上に乗せて熱するらしいが、今回はガスバーナーでやってみた

その結果のお話
ついでに俺用メモとして、レシピも載せておこう





材料はこんな感じ

・材料A
はちみつ40g
玉子1個
牛乳(上2つと合わせて)100mlないくらい

薄力粉200g
バター40g(バター)
重曹3g


1.材料Aを混ぜて、冷蔵庫に保存しておく
2.薄力粉と重曹を混ぜ、ふるいにかける
3.バターを冷蔵庫から出して、包丁で1cmを目安に適当に切る
4.切ったバターを2の粉に混ぜ、こねる
5.粉がパサパサになってきたら止める(バターは残っててもいい)
6.材料Bを粉に投下して木べらで混ぜる
7.できたタネをラップにくるんで3時間ほど冷蔵庫に保存
8.3時間経つ頃にダッチオーブンに網底をセットしプレヒートする(口に手を近づけると熱くなるくらいまで)
9.ついでにフタも熱しておく
10.タネを2~3回畳むようにこねて9つくらいに切り分ける
11.タネをクッキングシートと一緒にダッチオーブンに入れてフタをする
12.下火は弱火で、上火はたまにフタの上からガスバーナーであぶるくらいで
13.いいにおいがして、しばらくしたら完成



…具体的な焼き時間?
知らんがな(´・ω・`)←時間よりも自分の感覚を優先するタイプ

とはいっても、今回はレシピ通りの時間で作ったらスコーンが焦げちまっててねw
でも焦げついた方が美味しかったという(笑)



結果としては大成功の部類かもしれん
料理はおいしければそれでいいのだ
外はカリカリ中はしっとり


生焼けだったり、一晩寝かせてもふくらみが悪かった俺のスコーン
今までの失敗が嘘のように、上手に焼けてびっくりした
めちゃくちゃ膨らんでてびっくりした

さすがダッチオーブンやで!





いつか炭で焼いてみたいね
「家で炭とか、煙がすごいんじゃない?」って人は炭を誤解してる

炭はもともと、室内で薪を焼いても煙が出ないことを目的として生み出されたものだとか
だからちゃんとした炭は煙が出ないのよ
安物は中がまだ炭になりきってないから、煙が出るらしいけど



俺が炭に手を出すのはいつ頃だろうか?
なんだか数年後な気がするw

…料理カテゴリーが必要な気がしてきた今日この頃

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク