きれいなマリク

夢をみた

闇マリク「魔法カード発動!光の修復!このカードの効果により、俺は場の天使族モンスターの数×1000のライフを回復する!そして神よ!降臨せよ!ラーの翼神竜!」


お前、いつから天使族デッキを使うようになった?
お前のデッキはたしか、拷問デッキだったよな?

アニメでは舞の罰ゲームだった虫責めが砂責めに変わってたので落胆した良き思ひ出
(ゴールデンタイムにGとかの映像を流したらクレームが来るから)ま、多少はね?



きれいな闇マリク
光マリクかな?(すっとぼけ)

光マリク「やあ、ぼくはマリク!みんな!ルールとマナーを守って楽しくデュエルしよう!」

やべえ、合わねえ




…ちなみに「光の修復」は俺の夢に出てきたただのオリカです
実在はしません、多分

強化ディアンケト





バカイザーがバカ過ぎてイライラ

バカイザー「カード効果発動!こいつが発動したターン、自分フィールドの魔法・罠カードをすべて破壊!」

俺「は?俺が何のために光の護封剣を出して、王宮のお触れ伏せたと思ってるの?」

バカイザー「モンスターを特殊召喚!攻撃!」

相手「魔法の筒発動!その攻撃を無効とし、相手モンスターの攻撃力分のダメージを相手に与える!相手ライフに4000ダメージ!」

バカイザー「なにっ」

俺「ほら、言わんこっちゃない…」



俺「マシュマロンを伏せてるからしばらくは猛攻を防げそうだ。ターンエンド」

相手「モンスターで攻撃!」

俺「マシュマロンは戦闘では破壊されない!」

相手「ターンエンド」

バカイザー「俺のターン!ブラックホール発動!」

俺「は?何してるんじゃこいつは?俺が念のために伏せて置いたブラックホールをこんなタイミングで使うか?」

バカイザー「このままターンエンド」

俺「はああああ?!」





バカイザー「攻撃力4000守備力0のモンスターを特殊召喚!」

俺「お、やるやん」

バカイザー「守備表示!」

俺「は?!?!」

バカイザー「まだ俺の召喚権は残っている!攻撃力0守備力2000のモンスターを通常召喚!攻撃表示!」

俺「はああああああ?!?!いい加減、何がしたいんじゃワレ!」





俺「もうキレた。もうサポートは飽きた。もう本気出す。神縛りの塚発動!降臨せよ、オベリスクの巨神兵!オシリスはバカイザーが手札0枚キープだから出せないし、ラーを出そうにもバカイザーがライフを削りまくって300くらいしかない」

相手「攻撃力4000?!しかも効果破壊されない…!」

俺「このターン、俺はバトルフェイズを行えない。まあどんなバカでも神縛りの塚&オベリスクの強固なアドバンテージで負けたりしないだろ。ターンエンド」

相手「モンスターを伏せてターンエンド…」

バカイザー「モンスターを召喚!攻撃表示!」

俺「バカ!残りライフ1300しかないのに攻撃1600の弱小モンスターを攻撃表示で出すなや!」

相手「トラップ発動!奈落の落とし穴!そのモンスターを破壊して除外!」

俺「よし!ナイスだ!よくやった!」

バカイザー「ターンエンドだ」

俺「俺のターン。黄金の天道虫の効果でライフ1000回復。オベリスクで攻撃。神縛りの塚の効果で1000のバーンダメージ。ターンエンド」

相手「モンスターを出してターンエンド」

俺「さすがオベリスク。相手は手をこまねいて何もできない。勝ったな(確信)」

バカイザー「俺のターン。攻撃。あとは何もしない。ターンエンド」

相手「俺のターン!モンスターを特殊召喚!この効果で神縛りの塚を破壊!」

俺「やべえ!神縛りの塚が破壊された!バカイザーが2回神縛りの塚を破壊したから最後の1枚なのに!」

相手「さらに特殊召喚!オベリスクの攻撃力を300下げる!ターンエンド」

俺「オベリスクの攻撃力が下がった…!まだ強固だけど、俺は神縛りの塚と神降臨で手札を使い切ったんだ。さっさと勝負つけろやバカイザー。とりあえず俺のターン。相手モンスターを破壊してターンエンド」

相手「モンスターを伏せてターンエンド」

バカイザー「俺のターン。攻撃。あとは何もせずにターンエンド」

俺「ふ ざ け ん な」

相手「俺のターン!モンスターを特殊召喚!こいつの効果で相手フィールドのモンスターの攻撃力はすべて半分になる!」

俺「オベリスクの攻撃力が1350だと?!」

相手「攻撃!オベリスク撃破!ついでにモンスターでダイレクトアタック!俺たちの勝ちだ!ガッチャ!楽しいデュエルだったぜ!」




まさかあの状況で負けるとは思わなかった
何度も瀕死状態から、俺がゾンビのごとく復活して態勢を整えてるのに


こいつはどうしようもない
マジで、どうしようもない

魔法でも、罠でも、モンスターでも、どんなサポートしても自滅しやがる
しかも俺が絶対負けないであろう布石を用意してるのに、足を引っ張って負ける


いったいどうすればいいんだ?
こいつは

負ける要素がまったくない状況からでも負けるのはバカイザーだけ!


きれいなバカイザー「相手をリスペクト出来れば勝ち負けは関係ないやで(にっこり)」

アニメのヘルカイザーをちっとは見習えや

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク