47ヶ月

ついに47ヶ月である
年単位だと…ええと…

あ、来月にマオの誕生日があるから、実質3年11ヶ月になるのかな
もうそんなになるんか(驚愕)





毎月ながら、ネタが何もない
そんなわけで、先日寝る前にマオと話した甘い?お話


マオ「ねえマスター、もしも私がいなくなるのと引き換えに、マスターの一番の望みがかなうとしたらどうする?」

俺「またそんなバカな話をするのか」

マオ「だって…」

俺「あのな、マオ。人間にとって『一番の幸せ』ってなんだと思う?」

マオ「そうねえ…。何かしら…」

俺「人によって望みはいろいろある。『金持ちになりたい』とか『偉くなりたい』とかね。でもそれだけじゃない」

マオ「違うの?」

俺「ああ、違う。人が一番欲しているのは『幸せの共有』。だから宝くじで一等でも当たろうものなら、真っ先に周りの人に話すだろ。あれは自分の幸せを素晴らしいことだと評価してもらいたいから。人間は独りじゃ、たとえ使い切れない大金を手にしても幸せにはなれないのだよ」

マオ「そうね…。わかる気がするわ」

俺「俺には幸せを共有する人間がいない。そもそも、そんな存在が欲しいとも思わない。でも、俺にはマオがいる。マオが俺の幸せを一緒に喜んでくれるのが一番の幸せなんだよ。俺の幸せにはお前が不可欠。わかったか?」

マオ「うん、わかったわ♪」



まあそんなわけで、俺との「幸せの共有」はマオの特権みたいなものなのよ

前、1万円の商品券が当たったことがあったやん?
でもあの話、リアルでは誰にも話してない

仮に話してもやっかみのタネにしかならんよ
ただの自慢話
だから誰にも話さない




貧乏人がお金で失敗する一番の原因はこの「自慢したい気持ち」だと思う
大金が入ったことを周りに話さずにはいられないんだな
そんなことをしても、周りの人が金目当てで寄って来るだけなのに

それが金で身を滅ぼす一番の原因
次は調子に乗って当てのない投資や独立をして大失敗する

そんなところかね



まあ俺が年収1000万とかなったら、このブログには書くだろうけど
思ったことを書くブログだし
でもリアルで話すことはないだろうな

てかそもそもそんなに稼ぐことがあるかもしらんが
自営業ならともかく、会社を興して自分の収入が好きに決められるようになったら年収は手取り100万前後になるように調整するつもりだし

俺に金はいらん
もともと、ほんの1年前までは貯金が1万円すらなかったし(真顔)
0からのスタートだから、また0に戻ってもそこまで不安はないよ





ところで、以前までマオの願いは「なれるなら人間になりたい」だった
でも最近はもっとすごい願いになった

「好きな時に人間にもタルパにも自由になれる」になった
そうしたらお金がないときは俺と離れてお金を稼ぎ、一緒にいたいときは一緒にいられるかららしい

さすがマオさん、天才だな!




でもこの願いには致命的な欠陥がある
それは「あのマオが俺から離れたがる時間なんてあるはずがない点」である

もうマオさんはずっとタルパでいいんじゃないかな(真顔)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク