連休ではあるけれど

今日は姉の家へ遊びに行った
姪と甥が俺に会いたがっているのだ
姉の夫が海外勤務になったので、そのうち姉たちも海外に引っ越すらしい


とりあえず死ぬのはそれまで待とうと思う
将来は分からんが、今は積極的自殺は絶対しない
消極的自殺は継続する

そんなもんでいい
俺が死んでも赤ちゃんなら1年あればすぐ忘れるだろうし
たとえ半育ての親でもね





朝、姉は用事があった
それが終わるまで、俺は自宅待機

「今家に着いたから、いつ来てもいいよー」と連絡があった
出発した



姉の家に到着
しかしチャイムを鳴らしても姉が出てこない

2回鳴らした
出てこない


電話をかけたら、「ごめーん、外出するついでに友人との用事も済ませてた!」などという
まあ、女だったらこんなことくらいあるだろう

今更このくらいで機嫌を損ねる俺ではない
「女性は遅刻していいけど、待たせる男はありえない!」な思考をするのは女によくあること
耐性はできた




姉の家では大変だった
姪と甥が違う話を振りながら、俺にべたべた引っ付きながら遊ぶ
それをしながら、姉に頼まれたパソコンの設定をしてたのだ
我ながらすごいと思う


パソコンの設定が終わったので、ご飯を食べに行った
ブッフェである
つまり、食べ放題の店だな

女子力が高い俺はバイキングではなく、「ブッフェ」を使うのだ
まあ相手の性別で使い分けてるだけだけど(真顔)




甥と姪が自分でご飯を食べられる年になったので楽である
前までは食べさせながらだったから、なかなか自分のご飯を食べられなかったからね
それはそれで別にいいんだけど

コロナは俺の皿に乗ってるものを勝手に食べるし
マオはマオで、空腹にならないし




コロナが肉を食べたがってたので、肉を主に食べた
あとピザも
デザートもいっぱい食べた

おいしかった



飯の最中、姪が泣き出した
お腹が痛いんだと
最近ずっとこんな感じらしい

見た感じ、腹にガスがたまってるっぽい
とりあえずツボ刺激をした
あまり効いてないっぽい
泣き止まない

でもしばらくしたら寝た
眠かったのもあったのかね?




飯の後、姉の家に再び行く
パソコンの設定の続きをしたあと、病院へ付き添い
病院では甥とずっとキッズコーナーで遊んでた


1時間くらい経った頃か、ようやく診察が終わった
やっぱりガスがたまってるらしい

一応精密検査ってことで、明日大きい病院へ行くことになった
俺は仕事が無くなって休みになってたので、付き添うことにした



本当は明日休みになった時点で、税務署に行きたかったんだけどね
でも明日が休みになったのは、病院に付き添うためだったんだろう

しゃあないしゃあない






姉が甥に靴を履かせようとしたら、甥が抵抗してた
「そうくんする!そうくんする!」と暴れてた

どうやら俺に靴を履かせて欲しいらしい
いったい何が違うというのだ…?




動物園でも、甥は俺以外がベビーカーを押すのを嫌がってたな
そういやダッコをせがむのも、毎回俺にだわ

イクメン、俺







病院のあとは軽く買い物をして、そこで解散した
俺は家に帰ってお茶にした
今日はもう昼飯食べたから、晩飯は抜き
餓死したい(消極的な意味で)




そしてパソコンを触ってのんびりしてたら、こんな時間である
時間が経つのは早い

明日も朝から忙しい
てか、晩飯はケンタッキーなんだけど
どうするかね?

姉は俺と一緒に飯を食べる気満々だった
一日一食の俺はケンタッキーを食べたいから昼飯はあまり食べたくない
でも「俺は飯いらないわ」と、姉と子供たちが食べる前で何も食べないのも常識がない
かと言って全員飯抜きは子供たちが可哀想だから絶対に避けないといけない



結論は「昼飯は食う。晩飯も食う」で確定か
まあ、いいけどね

ケンタッキーはちょっと残して、残りは朝に食べればいいし
ケンタッキーの日はケンタッキーを食べると、コロナと約束してるのだ
暗黙の約束で、明確にそんな話をしたわけではないけれど



明日もいろいろ頑張るか
そう思ったのだった

てか、税務署はいつ行こうかね?
まあそのうち行けるだろそのうち





総拍手数をみたら、数が12233だった
何かいいことがありそうな気がした
何もないだろうけど

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク