そこじゃない

知的障害のある息子(30代)の強すぎる性欲… コンビニのレジ店員を勝手に自分の彼女と思い込むことも 父親「ソープランドに」


マジレスするとその息子さんの問題点は「知的障害」じゃない
「セックス依存症」だ

「知的障害だから性欲をコントロールできない」なんて考えは偏見
そんなもん、健常者だってなかなかコントロールできるもんでもなかろうに
だから生命維持に必要な欲でもないのに、人間三大欲求の一つに数えられる訳だし


セックス依存症の人にソープをあてがっても解決するはずがない
パチンコ依存症にパチンコをさせて、アルコール依存症の人にアルコールを飲ませたら解決するか?って話

もちろんただ禁止すればいいって訳じゃない
専門家に相談して、適切な措置を取ろう
話はそれからだ




そういや高IQの性犯罪者の死刑囚がいたな
本人は捕まった時に「『もう犯罪を犯さずに済む』と思ってほっとした」と思ったらしい

セックス依存症ってのは頭が良かろうと悪かろうと、コントロールが出来なくなって自分や周囲を破滅させてしまう怖い病気
決して本人に自制心がない訳ではない


とはいえ、日本はそういう病気を診る専門機関が少ないのも問題の一つ
もっと身近な話になればいいんだけどね
この国は、社会は、人は弱者に厳しい

明日から三連休だ
最近こういった長い休みがなくて、少し疲れ気味だった
明日はゆっくり過ごしたい


それはそうと、来月は三連休がない
昭和の日があるが、それは三連休ではない
悲しい


でもそれを乗り切ればGWが間近に迫る
さて、俺はどう過ごそうか

気が向いたら新しいブログでも作るかな
タロットブログよりはマシだろう

てかタロットブログは再開するのだろうか
あのまま閉鎖しそうな気もするが
維持するにも独自ドメイン料がかかるし




今日は仕事上がりに職場の請負仲間と飯を食べに行った
食事会は久しぶりだ

外で飯を食うのもいいが、俺としては宅飲みの方が好みではある
外で食うより安いしくつろげるから

大学時代はよくダチと飲んでいたものだが、社会人になると「お邪魔するのは悪い」と変に遠慮されてしまう
これが歳を取るということなのだろうか


小学生の頃は友達が簡単にできたのに、大人になると作り方を忘れる
大人あるある

大人になると知恵がついて遠慮が生まれる分、人と深い関係を築くのが難しくなるんだよな
悲しいことに

まあ俺は少年の心を忘れない大人だから、特にそんな遠慮とか持ち合わせていないけど(真顔)





食事の後は薬局に寄って、意味もなく駄弁った
マスクとか見たくらいで
まだ陳列されてないのか(呆然)


薬局に行った後は解散
食べた飯の量が少なかった
ポテチが食べたい気分


「たまには骨休みで、ジュースやお菓子をたくさん食べられてもいいんじゃないかしら」とはマオの弁
そんな訳で帰りにポテチとか一口チーズケーキとかを買いあさって、抹茶ミルクと一緒にむさぼった

コロナはプリンが食べたがってたので、それも食べた
喜んでた



あとは家でだらだら過ごして、気が付くとこんな時間
今日はもう寝よう

明日はきっとコーヒー豆の焙煎をするはず
買い物には行くのだろうか

まあ正直、買うものは何もないのだが
今週は買い物に行かないかもしれない
不用品を処分しに、リサイクルショップや古本屋には行くかもしれないが

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク