しょーかしょーか

桜も散り、木々も青々として来た
「そろそろ初夏か」と、夏の到来を感じ出した俺

旧暦を久しぶりに見てみると、今日は弥生二十余三日
あと八日で卯月、つまり初夏になる


まあ夏の訪れとかずれたことを言ってる人は俺くらいなものだろうけど(真顔)
自然が多いと、もう少し季節の変わり目には敏感になれるだろうに

コンクリートで塗り固められた名古屋では、季節が少し分かりづらい

寝不足だからか、はたまた水曜日で疲れがたまりだしたのか
今日は無為に時間を過ごす日だった
まあご飯は自分で作ったがね

ベジブロスを元に、チーズスープを作った
調味料は塩、シナモン、胡椒くらい
チーズを結構入れたからか、味もちょうどいい感じだった

作るのも10分かからないし、レギュラーにしてもいいんだが
でも疲れてるとほんの数分の自炊も出来なくなるんだよね
立つのすら億劫になるから



食事を終えて動画を観ていた
刀の使い方や構造についての動画

観ていて懐かしい気分になるのは、前世で武士だったことがあるからだと勝手に思っている
知らない話なのに、「そうそう。そうだった、そうだった」と独り納得することもあった


動画「柄糸の下には和紙が入っています」

俺「そういやそんなものがあったような無かったような…」

動画「その和紙は墨で使用済みのものがいいらしいです。虫除けになるから」

俺「マジか?!」

刀のことで初めて知った知識だった
まあ言うて、俺もあまり詳しくないんだがね



昔、「剣術で下段の構えがあるじゃないですか。あれって何の役に立つんですか?」と剣道を習ってる人に聞かれたことがある

その時、「昔は今の剣道と違って、1試合数分とかじゃないですよね。合戦とか一日中刀を抜いてる時もあるんで、ずっと構えてたら疲れるからそのために下段で構えるんです。あと、剣道では足への打ち込みは有効打突にはならないけど、下段からの切り上げって防御しにくいんです。だからその防御のための構えでもあります」って回答したことがある

本当かは知らんが、今日観た動画で全く同じことを話してた
十数年越しに、俺が嘘をついていないことが判明した
よかったよかった

言うて、俺は剣術はともかく剣道はほとんど知らんのだがね(真顔)




刀はいい
握って構えるだけで精神が落ち着く
そしてその反面、心の奥が熱くもなる

ニートになって実家に帰った時、刀は置いて来た
今は触る機会がない

握るだけでも精神衛生上かなりいいのに
もちろん振るのが一番いいのだが(真顔)


狭い室内で太刀を振っても、物に当てないだけの実力はある
もちろん室内だと脇差の方が実戦的なんだけどね


模造刀だが、大小合わせても10万しないものがある
居合刀ということで、素振りも可能らしい
俺は二天一流だから、大小合わせた刀を同時に使う

太刀も練習すれば片手で自在に振り回せるようになる
なお慣れるまで、毎日右腕が筋肉痛になるもよう
慣れればいいんだけどね、慣れれば



給付金が入ったら購入を考えよう
マオさんも「カード1枚(=ホルアクティ)に数十万使うより、余程マシ」と考えていて、それほど目くじらを立てていない
まあ買うかは知らんが

鑑賞用だと2万で買えるけど、あくまで観賞用
実用には向かない

まあ賊が来た時に殺せるだけの威力はあるだろうがね(真顔)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク