お米食べろ

【悲報】論破しすぎて政治家志望を半泣きにさせてしまうひろゆき

この記事の動画を軽くだけ見て、「今回はひろゆき氏が正しいなぁ…」と思った俺
政治家志望なのに、「日本の食料自給率が低い理由」が分かっていないのはさすがに問題がある

「政治家志望でも、若い女だから食料自給率なんて知らなくてもいい」って取れる発言も、まさしく女性差別的
明治の「学校に行くのは男だけでいい」と全く同じ発想


女ももちろん政治家になっていい
むしろそういう機会が増えて、政治がより活性化するべき
優秀な人材は性別によるものじゃない

だが、だからといって「若い女性なんだから、無知でもいいよね。そんな人が政治家になってもいいよね」は違う
政治家になってからも当然勉強は必要だが、食料自給率が何かを知らないのに「食料自給率を改善したい」は無知に過ぎる

日本政府が算出してる食料自給率とは「カロリーベース」の計算方法
そしてこのカロリーベースは「たくさん農作物を作れば増える」というものではない
欧米諸国が採用している「生産額ベース」とは全く違う


カロリーベース方式の食料自給率だが、フードロスが多いと数値が激減する
だから「自国民が自国の食べ物を食べると解消する」ではなく、「フードロスを無くすと数値が増加する」となる


年間100kcalの食べ物が日本で生産され、そのうち70kcalが捨てられて、国民は30kcalしか食べてません
ですから食料自給率が30%です

欧米のA国では100万円分の食べ物が生産され、そのうち90万円が売れ、買われた90万円の食材の70%が捨てられました
でも100万円中90万円の売上なので、食料自給率が90%です


大雑把に説明すると、そういう違い
フードロスの問題は日本だけではないのに、欧米諸国では食料自給率への影響が日本と違って全くない
これが日本の食料自給率が低い理由




食料輸入できなくなった日本人の一日の食事が豪華すぎる。輸入に頼らなくても余裕じゃね?

上の記事でも「2020kcal供給」と書かれている
これは食料自給率がカロリーベースだから

多分この政治家志望の女性は、こういう記事のような発想を持っていたんじゃないだろうか?
「日本で生産された野菜を食べれば、食料自給率が上がる」と考えていたんだから
でも実際は違うのよな


実際の飯で必要なのはカロリーだけじゃないだろう
ビタミンとかミネラルだとか、そういうのも含めて重要なはず

はっきり言って、俺はカロリーベースの計算は無意味だと思う




そして生産額ベースで計算すると、日本の食料自給率は60%を優に超える
主要先進国限定なら、世界ランキングで第8位なのよなぁ…


もし簡単にカロリーベース食料自給率の数値を上げたいのなら、米とかカロリーが少ない食物の生産を全部禁止すればいい
そしてカロリーがもっとも多い食材「ラード」のみを生産すればいい

豚さんのラード以外は市場に流さず全て廃棄!
ラード以外は食べ物じゃない!
そして自国産ラード以外油は全面禁止して、更にラードを海外に輸出する

すると食料自給率は、軽く300%くらい突破できるだろう
すごい



…豚の飼料は海外から輸入してるから、「国内生産」じゃないって?
じゃあ豚の飼育も禁止して、虫食限定にしよう!

虫なら純国産の飼料だけで飼育可能!
特にごきぶりはタダで飼育可能!

日本人は虫、特にごきぶり以外食うな!
米を食うのは非国民!




…まあ、食料自給率なんて、そんなもんなのだよ
だから数字はそれほど気にしなくていい
「高ければ高いほどいい」ってもんじゃない

あれはあくまで「どれだけ売れたか」か、「熱量はどのくらいか」かの指標
それよりもバランス良く生産して、全国民が餓えなければそれでいい

そして美味しいものをほどよく適度に
それが理想




何故日本は食料自給率があえて低くなる計算式を取っているか?
俺が思うに、日本国内に食料問題があるとして、国民の不安を煽っているんだと思う
政治家にとって、国民の不安は金と票になる


人間は当然、食べないと死んでしまう
特に日本人は毒入り餃子事件とか、食べ物関連には大きな関心を寄せている
日本人は食べ物にはうるさい


だから「日本は深刻な食料問題を抱えています!だから農家を応援しています!」と宣伝すれば、自然と投票が集まりやすくなる
そういう理屈だと俺は思ってる



今から60年以上前、日本では「人口爆発」が問題になっていた
少子高齢化の今ではイメージが付きにくいが、当時の日本は「これ以上子供が生まれるとやばい」と、全国民が考えていた

景気はいいし、二度もベビーブームがあった
金はあるが、食料の生産が追い付かない
日本の食料自給率(カロリーベース)は極端に低く、このままでは日本は人口が増えすぎて餓えてしまう

…せや!子供の数を減らすような政策にしたろ!



それが今の日本の少子高齢化の原因
60年前の政策が、順調に効果を出した訳だ

まあ当時は日本だけが人口爆発を危惧していた訳ではないがな
志那でも「一人っ子政策」が導入され、当時の世界は人口がこれ以上増えることを強く危惧していた
そして世界がこぞって子供が生まれないような政策を推進した


結果、先進国は少子高齢化社会となった
でも今度は「子供が増えないと国力が落ちる!先進国ばかりどうして子供が生まれないんだ!」と、騒ぎ出した
あほとちゃうかな(真顔)


目先のことしか考えない政治をしてると、こういうことが起きる
そして今の問題にしか目を向けないから、過去の経験が全く活かせない

悲しいことに、今の政治家の大半はそういう人が多いのよね
まあただの腹芸の可能性もあるが

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蒼夜

Author:蒼夜
はちみつおいしい

カテゴリ
アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク